お勤め先はどちらですか?(Who are you with?)

我々日本人は、初対面で、お互いにサラリーマンだとわかっている場合、相手の勤務先を知りたくなるものですよね。

実は、外国人は、自分のキャリアは気にしますが、会社名までは気にしない方が多いです。

ですから、一般的に「どこの会社にお勤めですか?」というのは、意外に使わないフレーズです。

ですが、会話のきっかけとなるかもしれませんので、覚えておいて損はないでしょう。

相手の勤務先を尋ねるときは、こんなフレーズを使います。

Who are you with?(お勤め先は?)

一見、「誰と一緒ですか?」と勘違いしてしまいそうですが、もちろんそういう意味ではありません。

相手の勤務先を尋ねるとき、Which companyなどと聞いてしまうと、あまりにもストレート過ぎるのです。

ですから、このように言うことで、直接的な表現を避けているというわけです。

もうちょっと丁寧に言うなら、こんな言い方もできます。

May I ask whom you are with?(どちらにお勤めか、お伺いしてもよろしいでしょうか?)

しかし、このフレーズは丁寧すぎて、逆に気持ち悪く感じる方もいるかもしれません。

ちなみに、「誰と一緒ですか?」は、Who did you come with?といいます。

Who are you with?は、ちゃんと「with」をつけましょう。

これをつけないと・・・

お前は誰だ!!

になってしまいます(笑)

細かい所ですが、非常に重要ですので、気を付けましょうね。

相手の勤務先を尋ねるときは?
1.Who are you with?が一般的です
2.Which company ~だとストレートすぎて失礼になることも
3.May I ask whom you are with?は逆に丁寧すぎます