どうぞ、お座りください(Have a seat.)

会社にいらっしゃったお客様と挨拶を交わし、席を勧めるとき、どのように言えば良いでしょう?

ちょっとこちらのマンガを見てみてください

どうぞお座りください

こんな言われ方をしたら、相手もびっくりしちゃいますよね(笑)

しかし、我々日本人は、結構「Sit down.」というフレーズを使ってしまします。

もちろん、なんとなく気持ちはわかります。

しかし、よく言われる「Sit down,please.」は、このマンガのように、まさに「着席!!」を意味するフレーズなのです。

いきなり「着席」は、ビジネスの現場では絶対使わない表現ですよね(笑)

相手に伝えたいのは、「どうぞ、お座りください」という柔らかい表現なのですから・・・

「どうぞ、お座りください」を表すフレーズは?

「どうぞ、お座りください」はいくつか言い方がありますが、一番シンプルなのは、この表現です。

Have a seat.(どうぞ、座って)

この後にpleaseをつけると、より丁寧になリますので、Have a seat,please.

はビジネスシーンでも十分使える表現です。

ただし、こんな表現だと、丁寧すぎて嫌味になります。

Would you please sit down ?(頼むから座ってくれない)

これは、部屋をうろついて落ち着きのない相手に対して、「頼むから座ってよ」という表現になってしまいます。

丁寧な表現も、度を超すと嫌味になる例です。

このように、丁寧すぎる表現が逆効果になる例は、ほかにいくつかありますので、その都度、押さえておくとよいでしょう。

相手に席を勧めるときには?
1.Have a seat.が一番オススメ
2.Have a seat,please.ならビジネスの場面でも十分使える
3.Sit downは失礼。あまり丁寧すぎるのも嫌みになってダメ