英会話スクールこそ「ビジネス向き」を選べ!

英会話スクールの話

英会話スクールは「ビジネスコース」を選べ!

さて、選んだ英語教材で必要な言い回しを覚え、発生とリズムのコツをつかんだとして、次はそれを実際にアウトプットする場が必要になります。

現実的な選択肢としては、やはり英会話スクールというところに落ち着くと思います。

とは言え、一言でスクールと言っても、その学習システムや環境は千差万別です。

ここで一番大事なのは、自分の目的にあったレッスンが受けられるスクールを選ぶということです。

「英会話スクールこそ「ビジネス向き」を選べ!」の続きを読む…

スピーキング教材は「ビジネス向け」にこだわらない

ビジネス用のスピーキング教材は少ない

スピーキング教材では簡単と思えるようなものを選ぶ

最初にお話した通り、社会人の英語学習はリスニングとスピーキングが二本柱です。

リスニングと並行して、スピーキングも鍛えましょう。

まず軸となる教材を一つに絞ります。

一口にスピーキングと言っても、その人の目的によって始めるべきレベルは異なります。

「スピーキング教材は「ビジネス向け」にこだわらない」の続きを読む…

発音は最低レベルをクリアすればOK

発音よりリズム

発音よりもリズムにこだわれ!

何度も述べていることですが、社会人がネイティヴ並みの流暢な発音で話せるようになる可能性は、ほぼゼロです。

スピーキングの教材や英会話学校では、よく「舌の動きや口の形を意識しましょう」と指導されます。

これは、正しい発音をするための練習です。

「L」と「R」を区別するときなどに、こうして下の動きを意識しながら発音を強制するのが一般的です。

「発音は最低レベルをクリアすればOK」の続きを読む…