日常会話は後回しにする

日常英会話から始めるべきでは?

日常会話こそ習得が難しい

まず、ビジネス英語をマスターしたいなら、日常会話や雑談の勉強はとりあえず後回しにしましょう。

なぜなら、ビジネス英語よりも日常英語の方が、本気でマスターしようと思ったら学習する範囲も量も膨大になってしまうからです。

短期間でビジネス英語をマスターしようと思っている人が、そんな遠回りをしている余裕はないはずです。

ビジネスにおいて最も重要なのは、仕事で成果を出すことです。

「日常会話は後回しにする」の続きを読む…

言い回しは一つに絞って覚えよう

英語の言い回しがたくさんある場合はどうする?

勉強を始めるにあたって、英語のテキストを何冊かチェックしてみると、気になることが一つあります。

それは、同じ意味をもつ言い回しがたくさん紹介されていることです。

例えば「会議を始めましょう」を英語で何というでしょうか。

ある本には「Let’s get down to business.」という言い回しが載っていました。

「言い回しは一つに絞って覚えよう」の続きを読む…

スピーキングとリスニングを重点的に鍛えよう

スピーキングとリスニングを鍛えよう

「読み」・「書き」は自分の想像以上にできるもの

英語学習の柱は「読み」「書き」「きく」「話す」と言われています。

もともと日本の英語教育では、この四つをバランスよくこなすべきだと考えられていました。

しかし、入試で英語が最重要視される日本では、「読む」と「書く」については、学校でそれなりの教育を行ってきています。

皆さんも「耳で聞くとわからないけど、文章で読めばわかる」「発音はわからないけど、単語のスペルを書くことは出来る」ということが良くあるのではないでしょうか。

それは、自分の英作文・英文読解の能力が、自分の想像以上であるからにほかなりません。

「スピーキングとリスニングを重点的に鍛えよう」の続きを読む…

「自分に必要な英語」を明確にする

英語を勉強する目的を明確にしよう

「何のために英語を勉強するのか?」

英語の学習計画を作るとき、もっとも重要なことは「英語を勉強する目的」をまず明確にすることです。

英語はあくまでも自分の目的を達成するための道具にすぎません。

では、その道具を使って何をしたいのか、皆さんは明確にイメージできるでしょうか?

「「自分に必要な英語」を明確にする」の続きを読む…