ビジネス英語は短期間でマスターできる

短期集中が英語をマスターするコツ

ことビジネス英語に限って言えば、短期間でマスター可能です。

「短期間と言っても、何年もかかるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、

基本的にビジネス英語は1~1年半の間にマスターができると自信を持って言えます。

逆に2年や3年と言った長期間の学習計画は立てるべきではありません。

「ビジネス英語は短期間でマスターできる」の続きを読む…

海外留学しなくても英語はマスターできる

今や国内留学は十分に可能な時代です

短期間でい英語上達させる方法として、根強い人気があるのが海外留学です。

社会人でも思い切って休職して語学留学するという話はよく聞きます。

また、一昔前は会社の負担で社員を海外の大学や大学院で学ばせる留学制度を取り入れている会社もたくさんありました

最近は、夏休みなどの長期休暇を利用した短期の語学留学も人気のようです。

「海外留学しなくても英語はマスターできる」の続きを読む…

「正しい英語で話す事」を目標にしてはダメ

間違い英語は大した問題ではない

特にビジネスの場で顕著なのですが、「発音も文法の正確でないと、ビジネスの現場では通用しない」と誤解している方がいます。

日本人は語学に対して、あまりにも厳しい視点で物事を見すぎています。

「語学ができる=100%完璧にできる」と考えているのです。

しかし、それは大きな間違いです。

会話に関しては、間違いは大した問題ではありません。

「「正しい英語で話す事」を目標にしてはダメ」の続きを読む…

インプットに偏った勉強はダメ

日本人がインプットを重視しすぎるのはなぜ?

英語を勉強している日本人の多くは、インプットにとても熱心です。

単語やイディオムをたくさん覚え、文法をおさらいし、辞書を引きながら英字新聞や洋書を読み、多種多様なリスニング教材に取り組む…

しかし、それほど一生懸命にインプットをしても、英語ができるようにならない人はたくさんいます。

その原因はアウトプットの練習が圧倒的に不足しているからです。

英語のアウトプットとは、頭の中にある英語を素早く組み合わせて外へ出すことです。

「インプットに偏った勉強はダメ」の続きを読む…

色々な教材をつまみ食いしてはいけない

つまみ食いでは、本当の味はわからない

いつの時代もそうですが、熱心に勉強する人ほど、「教材コレクター」になってしまうようです。

私の友人にも、そういう人がいます。

ありとあらゆる教材を試し、書店に並ぶ英語関連の書籍は片っ端から購入。

教材の評論はだれにも負けません。

「これまでに呼んだ英語の本は100冊を超える」と豪語しています。

「色々な教材をつまみ食いしてはいけない」の続きを読む…